校長挨拶

 平成30年3月末をもって、寄中学校・松田中学校はそれぞれの72年の歴史の幕を閉じ、平成31年4月に統合校として「松田中学校」が開校しました。
 新校を開校するにあたって、町立中学校統合準備委員会及び町立中学校検討部会を立ち上げ、「校名」「校歌」「校章」「制服」等を検討しました。その結果、校名は「町内唯一の中学校」ということから「松田中学校」とし、校歌は旧松田中学校の校歌を引き継ぐこととなりました。
 制服は、統合する中学校それぞれのイメージを基本コンセプトとして、デザイン・機能・素材・価格について協議し、新しい松田中学校にふさわしい特色ある制服を作製しました。
 校章は、松田の「M」をペンに見立て、両側に酒匂川、川音川、中津川を配し、町の樹であるさくらの花びらが添えられています。生徒が勉強に励み健康な身体と豊かな心を育んで、希望へ向かって飛び立って欲しいという願いが込められています。

 今年度のスローガンは、「チーム松田中学校 新たな歴史のスタート」です。教職員44名、生徒205名とともに新生松田中学校の歴史を刻み始めました。

 また「めざす学校像」として、「たくましく未来を拓く人材を育てる学校」としました。社会の変化に主体的に向き合い進んで学び、社会と積極的に関わりをもつ中で、一人ひとりが自らの可能性を最大限に発揮して、よりよい社会と豊かな人生を拓いていく力を持った人材の育成をめざしています。また、町内唯一の中学校として、幼稚園、小学校、中学校の連携教育を推し進め、地域に根ざし、地域に貢献できる生徒の育成を図っております。

 新たな一歩を踏み出した松田中学校の教育活動に対しまして、深いご理解と温かいご支援、ご協力をよろしくお願いします。

学校長  川上 達夫

更新日:2019年10月03日 18:26:47